螺鈿(らでん)のこと


螺鈿ブログ4



貝の殻の部分を使い文様を表す技法=「螺鈿」。
遡ること、奈良時代の正倉院宝物にも使われ
世界で見ると、エジプトの初期王朝以前からも多様されてきたと言います。

主に使用される「夜光貝」や「あわび貝」、
時には「しじみ」(!)も使われてたという「螺鈿」は、
1枚1枚の貝を敷き詰め、それらの組み合わせにより
ブルーやピンク、時にグリーン等の多様な輝きを見せます。

今回は、Classic Koのラインナップに欠かせない
「螺鈿」の技法についてご紹介します。



螺鈿ブログ2



私たちは、まず貝をデザイン別に切り分けることから始まります。
一枚の平たい夜光貝を短冊状に切った後、このずっしり重たい道具で、
ぶちぶちっと押すように切断していきます。(写真上、2枚目)

デザイン別とは、例えばドロップ形、△形、
大きめの正方形、小さめの長方形等の種類があり、
フクロウさんにはダイヤ形を、マーメイドさんには半円形等に
切り分けて表現しています。(写真上、1枚目)

古来の詳細な方法などは定かではないものの、
鑢(やすり)か細かい糸のこのようなもので
切り込んでいたのではないかと、
このやり方は何千年とあまり違わないそうです。



螺鈿ブログ3



次に、漆を接着剤として、小さな小さな貝を
木製の尖ったナイフのようなもので漆の上に置いていきます。
なんとなく、ピンセットでの設置をイメージしていたのですが
それだと時間を要するので、この道具が良いのだそう。
そして、この上にさらに漆を塗り込み、固めていきます。

「螺鈿」とは、一般的に「貝を嵌め込んだ装飾技法」等ともありますが、
これが「貝を嵌め込む」ということなのですね。



螺鈿ブログ1



私たちが主に用いる「夜光貝」とは
巻貝の裏側に真珠層があり、
沖縄や暖かい南の島に生息しています。
かつて琉球王国は、「夜光貝」等の
特産品の交易により大変栄えたといいます。

貝はどんな種類のものでも使用できることから
江戸時代の画家・尾形光琳は魚屋のごみにあった
誰もが捨てて顧みなかった
「あわび貝」を初めて使用したそうです。
「しじみ貝」の使い方も想像しがたいですが、
先人の素材への探求心は興味深いものです。

何千年前からの変わらぬ技術、素材の変遷。
長い年月、人々を魅了し続けてきた魅力は
売り場で感じる、認知度の高さからも伺えますね。
あらためて「螺鈿」に愛着を感じていただけたら
嬉しく思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する