FC2ブログ

素敵なお客様



工房の日常は、作る・生み出す場所でありながら、
人と交わる楽しい時間も溢れています。

例えばお客様がご旅行での山中温泉への道中や、
金沢から立ち寄ってくださるなど、
魅力溢れるお客様が工房へ遊びに来て下さります。
(※事前にご予約が必要となります。)
そんな日常と素敵なお客様を、ブログで少しずつご紹介していけたらと思います。

少し前になりますが、まだ雪のちらつく冬の寒い時期、
フードディレクター里見 浩子さんが、加賀へ食材のリサーチを兼ねて、
ワークショップ兼工房見学に来て下さいました。



里見さん①500×333



親しみに満ちたきらきらした笑顔が魅力の「THINK ABOUT EAT.LCC 」代表の里見さん。
「たべる」にまつわる様々なイベントのディレクションや、ワークショップの企画運営をはじめ、
地域のコミュニティ形成支援(みなとみらいごはん部等)にも尽力されています。

また、ランチタイムの1時間という短い時間に、作って、食べて、持ち帰ることができる、
TVや雑誌で話題のお料理教室「EATALK」も彼女が企画運営されており、
私も一度参加したい!と前々から気になっております。

さて弊工房は、年2回ほど d47 design travel store にて、
蒔絵や螺鈿でペンダントトップやピンブローチを作るワークショップを行っておりますが、
この機会にも里見さんには、蒔絵のピアス作りを体験いただきました。



里見さん2 500×333



蒔絵のワークショップではまず、蒔絵が出来るまでの説明をした後に、
薄紙に書かれた下絵を漆でなぞってもらいます。
それを白蝶貝に転写し置目をし、その置目に沿って貝の上に漆で描き、
金を蒔くという行程までを体験していただきます。
その後お預かりして磨きと仕上げは工房で行い、完成となります。
(この辺りの詳細はぜひ d47 design travel store等で実際に体験してみて下さいね)



里見さん②



後日お送りさせていただいたピアスは、里見さんにとって
仕事の際の欠かせない一部になっているご様子です。
「職人のみなさまの丁寧な仕事ぶりと技術に尊敬の念を抱きつつ、
自分の仕事も日々丁寧にむきあっていこうと背筋がシャンと伸びます。」
と心温まるお言葉をいただきました。

蒔絵の技術を体験をすることや、土地を丸ごと観ていただくことで、
続く伝統や加賀らしさを感じていただき、工房スタッフ一同もとても嬉しい機会となりました。



里見さん1-6


(スタッフK)


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する