FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞掲載『読売新聞 夕刊 2月22日(月)掲載』

クラフトバイヤー日野明子さんに、
読売新聞 夕刊の連載特集にてご紹介いただきました!

日野さんとに10年前に私が仕立てた「シロクマ万年筆」を購入いただいたのがご縁で
今回の掲載についてご提案いただきました。

日野さんとの交流については、節目節目でその後もずっと続けさせていただいているのですが、
10年も前のことを大切に覚えてくださっていたのが本当に嬉しいです。

私がデザインして蒔絵仕立をした商品のはじめの頃のものなので、
個人的に思い入れが深いデザインでもあります。

日野さん新聞


―握った指の隙間から、ちょっとおどけた熊の絵が見えると、
力が抜け、ホッとした気分になる―

―「新生活に万年筆を贈る」という習慣は、今も続いているのだろうか。
万年筆は決して安くはないが、だからこそ若い人に贈りたい品物でもある。
この握り具合、そして書く際の感覚を味わってもらいたい― 

(上記紙面より抜粋)




このような丁寧なお言葉でご紹介いただき、とても嬉しく思います。

この機会にシロクマ万年筆について、オンラインショップの方でも少しご紹介することになりました。
詳しくはこちらのページをご覧くださいませ。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。