FC2ブログ

ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2015 公演

友情の鍵20151m

10月4日(日)6日(火)8日(木)とサントリーホールにて開催されました
ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2015。

こちらの公演に際し、指揮者のクリストフ・エッシェンバッハ氏と
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団様へ
サントリーホール様より贈呈される公式記念のオーナメント『友情の鍵』を、
今年も大下香征がデザイン・制作させて頂きました。

3本目となる今年の友情の鍵のデザインは
「秋草に虫 螺鈿蒔絵」となりました。

友情の鍵20153m


秋草文様とは、秋の七草である萩・薄(ススキ)・撫子・女郎花・藤袴・桔梗に加えて、
竜胆(りんどう)や菊など秋の野に自生している生える草花を色々取り混ぜて
文様にしたもの。

秋草が寄り添うように咲いているところは風情があり、
うつろいゆく時の悲しさや人生の無情を感じさせる
日本的情緒の文様です。


2015年は秋がテーマ。
鈴虫などを描いて秋の夜長に静かに聞こえる虫の音を表現。
虫の羽と桔梗の花の箇所に夜光貝をモザイク調に用いた螺鈿を配置しました。

背景の霞がかった表現は、金ぼかしによる研ぎ出し蒔絵技法を用いることで、
絵に奥行きを演出しております。


秋の植物が醸し出す曲線のゆくえ、余韻に、
静かな音を感じさせるデザインです。


友情の鍵20154m
裏面にはサントリーホールのロゴマークも本蒔絵で仕上げ。



毎年この栄誉あるお仕事に携わらせていただき、本当に嬉しく誇りに思っています。


記念や想い、出逢い、その素敵な気持ちのエネルギーを美しい結晶として形にし、
記憶の装置として永遠に残していく力が装飾にはあります。


その大事な役目、機能の素晴らしさをいつも実感させてくれる
私の大切な仕事の1つです。


友情の鍵20152m



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する