螺鈿(らでん)のこと

貝の殻の部分を使い文様を表す技法=「螺鈿」。 遡ること、奈良時代の正倉院宝物にも使われ世界で見ると、エジプトの初期王朝以前からも多様されてきたと言います。主に使用される「夜光貝」や「あわび貝」、時には「しじみ」(!)も使われてたという「螺鈿」は、1枚1枚の貝を敷き詰め、それらの組み合わせによりブルーやピンク、時にグリーン等の多様な輝きを見せます。今回は、Classic Koのラインナップに欠かせない「螺鈿」の...続きを読む >